哲学の知識一覧

人物の解説。教科書的な思想の説明。

アナクシメネスとは

アナクシメネスは古代ギリシアの哲学者でタレス、アナクシマンドロスの弟子にあたり、彼らとともにミトレス学派の主要人物の一人。アルケーを「空気」と主張し、「どのようにアルケーが万物へなりうるのか」を観察を通じて説明した。

アナクシマンドロスとは

アナクシマンドロスは古代ギリシアの哲学者でタレスの弟子にあたる。自然・世界に対して合理的な探求を行い、天文学など多くの分野に貢献した。アナクシマンドロスが特に関心を抱いたのは万物の根源(アルケー)であり、「無限定なもの(アペイロン)」と考えた。

ヘラクレイトスとは

古代ギリシアの哲学者であるヘラクレイトスに関するまとめ。ヘラクレイトスはその難解な思想、孤高の生涯から「暗い人」とも呼称される。万物の根源を「火」と考え、変化し続ける万物を統べる概念として「ロゴス」を用いた。

タレス

古代ギリシアの哲学者であるタレスに関するまとめ。タレスはオリーブや日食に関する予言の逸話にあるように、物事を観察すること、論理的に考えることに優れていた。万物の根源であるアルケーを「水」と考え、神羅万象の理論的説明を試みた。

ソクラテスとは

ソクラテスは紀元前、古代ギリシアの哲学者。「哲学の祖」とも呼ばれ、弟子にはプラトン、アリストテレスらがいる。思想は「無知の知」であり、有限的存在の人間における知の限界を指摘し、それを認めることの大切さを説いた。

スポンサーリンク