フッサールの現象学とは?|すぐわかる!フッサールの現象学

ドイツの哲学者のエトムント・フッサール(1859‐1938)を今回は紹介します。
フッサールと言えば、マジで難解な哲学者として知られています。その割には、現代の哲学やほかのさまざまな学問で大きな影響を残していて何かと名前が出てきますよね。
今回はめちゃくちゃ分かりやすく(そして誤解を恐れず)説明したいと思います!

いきなりですが、簡単に言えばフッサールの思想は「先入観をやめよう!」ということです。
先入観って例えば、「金髪の人こわ~い」とか、「女の人って感情的だよね」とか、見た目ですぐ判断しちゃうような見方のことです。

フッサールの思想は、そういう先入観を極力やめて、誠実に日常を生きようじゃないか!ということなんです。
そして、フッサールは「私たちがどうやって日常を生きているか」を厳密に分析する学問を始めた。それが「現象学」だというわけです。

「え、そんなことできるの!?」と思うかもしれませんが、できちゃうんです。てことで、その具体的な方法を見ていきましょう!
キーワードは「エポケー(判断保留)」と「還元」です。

フッサールの現象学とは?

フッサールは F.ブレンターノの影響を受けながら,「事象そのものへ!」を哲学の標語とし,純粋意識の本質記述学を現象学とし,超越論的還元と形相的還元による純粋意識の本質構造をノエシス,ノエマの相関関係として分析記述した。

ブリタニカ国際大百科事典「現象学」より引用

スポンサーリンク

モノの存在を疑ってきた「哲学」

モノって本当にあるのか?

モノって本当にあるのだろうか?
昔から人々(主に哲学界隈の人々)はこんな問いを繰り返してきた。

例えば、目をつぶってみよう。パソコンが見えなくなってしまった。
でも、多分あなたは「目をつぶってもパソコンはある」って信じることができると思う。
だって、目を開けたらパソコンが再び見えるはずだから。

では、目をつぶっている間にパソコンが消えたらどうなんだろう?
誰かが移動したんでも、ぶっとんじゃったんでもいい。
こうなったらもはやパソコンがそこに本当にあったかどうかは分からないわけだ。

恋愛なんてものは存在するのか?

それでも、パソコンくらい当たり前に感じるものでは疑いようがないように思う。
触れるし、音が鳴っているのも分かるしね!

じゃあ、思考を変えて「恋愛は存在するのか」という問いに変えてみよう。
「恋バナ」が好きな人にとっては、恋愛があるかないかなんて馬鹿げた問いだと思うだろう。
でも、パソコンよりは曖昧だと思う。触れないし見られない。

しかも、「恋愛って何?」って聞くと、事態は悪化する。
うーん、恋愛ってのは、誰かを好きになったり好きになられたりすること?
恋愛の仕方って人それぞれだよねー。

恋愛という言葉の定義を十分に説明できる人はいない。
だから、「本当は恋愛なんかない!」と結論することもできる。

いやいや……、でも、誰かが恋愛をしているのは事実としてあるでしょ。
その存在を疑ったら、元も子もないんじゃ……? やっぱり哲学って日常の感覚と全然違う!
と、結論付けるのはまだ早いのです。もーちょっとだけ付き合ってください。

ドラゴンは存在するのか?

パソコンもないって言ってたし、恋愛もないとか言っちゃう。もう、哲学怖い!
更にもっと怖がらせることを聞こう。ドラゴンは存在するのか?

「いやいや、居るわけねーだろ! ラノベの読み過ぎ!」と怒るかもしれません。
でも、よく考えてみよう。「居るわけない」と断言するってことは、ドラゴンのイメージは持っているってことになる。

イメージがあるってことは、みんなの心の中になんかしらの方法で存在すると言ってもいいんじゃないだろうか?
だってさっき、「恋愛はある」っていったとき、それも何かしらのイメージであるって決めたんだもんね。

恋愛があるんだったら、ドラゴンだってあるって言ってもいいでしょ!
いよいよ、ドラゴンの存在を認めるなんて、哲学もう分かんない……ってなるかもしれない。

「あるったらある」がまずい

さて、パソコンや恋愛やドラゴンの存在を考えてきた。
しかし、いまいちよくわかんない。なんでよくわかんないのか。

それは、誰も「ものがなんで存在するのか」を真面目に吟味してこなかったから。
実は哲学でも、「物は存在するのかしないのか」って議論がずっとあった。
フッサールの現象学は、そういった議論があったんだよっていう前提を受け入れて初めて理解できる。

フッサールは、日常的な「見たり触ったりできるものはある」とか「あるったらあるんだ」という考えを「自然的態度」と呼んだ。
この自然的態度を持っている限り、「僕たちがどんな感じで生きているのか」という分析はできないとフッサールは判断した。
だって、「物が存在するのかしないのか」すらおぼつかないんだから!(日常でそんな奴はいない)

エポケーで「事象そのものへ!」

存在があるかないかなんてエポケーしようぜ!

フッサールの解決方法は、めっちゃ簡単だ。
それは、「存在するのかどうかなんて議論は今はとりあえずやめちまえ!」というわけだ。

パソコンがある? 恋愛はない? ドラゴンなんかぜってーいねえだろ!
その議論、めっちゃ感覚で進めてるでしょ? そういう先入観なんかやめようってことだ。

「それが存在するのかしないかをとりあえず判断を保留にしとこ」っていう操作をエポケーと言う。
ドラゴンがいるかどうかは、今の僕たちじゃ分かりっこない。そのときに、エポケーをすることによって判断を保留にしようってわけだ。

エポケーしたら、意識に還元しちゃおう!

じゃあ、フッサールがエポケーしたらなんでもかんでもそのままかっていったらもちろんそうじゃない。
フッサールは、「エポケーしたら真面目に取り組むべき問いが見える」と言っている。

なんだと……? どういうことだ。

パソコンがあるかどうか、それを答えるのはとりあえずエポケーしておこう。恋愛があるかどうか、ドラゴンがあるかどうか。それもエポケーしておく。
しかし、共通することは何だろう? フッサールによれば、「それを見ている(考えている)意識」はあるということだ。

もうちょっと分かりやすくしよう。
僕たちがパソコンを見ていると信じているとき、「パソコンについて考えている」といえる。
恋愛があるって思っているときも、「恋愛について思っている」のだ。ドラゴンも同じだ。「ドラゴンについて思い浮かべている」というわけである。

ここからフッサールは、僕たちの生活には「”について”の意識」があると考えたんだよね。
これこそが実はフッサールが後世に大きな影響を与えるようになる「志向性」という概念なんだけど、これは話が長くなるから割愛しよう。
とりあえず、こんな感じで「意識に焦点を当てよう!」ってやることで、フッサールは哲学における問いを真面目に考えようとしたんだ。
このやり方を「還元(特に超越論的還元)」と名付けたんだ。

フッサールの現象学まとめ

フッサールの現象学

以上が、フッサールの現象学の大枠だ!

もう一回まとめよう。
パソコンがあるかどうかみたいな問題は、恋愛とかドラゴンみたいなものを考え始めるとめちゃくちゃでよく分かんない。
パソコンって本当にあるのかもしれない……いやいや、それは「自然的態度」で、それは哲学ではやめないか? とフッサールは提案する。

じゃあ、どうやってやめんの? それは、「存在するかしないか」みたいな話の決着をとりあえず保留しようってわけだ。フッサールはこの操作を「エポケー」と呼んでいるんだったね!
そして、エポケーした後は、「○○についての意識」を考えようってことで「還元」しようとしたというわけだ。

フッサールの現象学はこうやって理解されている。

もっと理解を深めよう!

フッサールは実は、多くの哲学者に誤解されてきた人の一人だ。
その原因は様々だ。一つは、フッサールの著作が難解過ぎて複数の解釈ができてしまうということ。もう一つは、フッサールの元弟子であるハイデガーによっていろいろ妨害を受けちゃったということだ。

主にフッサールは、「独断論」とか「基礎づけ主義」とか「独我論的」とか「形而上学的」とかほんと色々言われ過ぎて……笑
哲学入門書でも、フッサールの解釈が全く違っている場合が多い(このサイトもその一つに過ぎないのだが……笑)

「エポケー」とか「還元」みたいな一見分かりやすい言葉ばかり取り上げられて、「こんな操作意味ない!」とか言われちゃうのも原因になっている。
しかし、フッサールはこれを何の理由もなしに思いついたわけじゃない。こういう考えに至ったのには理由がある。
実は、フッサールのおもしろい部分はこの「理由」の部分にあって、今の哲学者でもこの理由を評価する人が多いわけだ。

ということで、続く記事で、フッサールの話をもうちょっと掘り下げていきたいと思います。
なるべくわかりやすく書くので、ぜひそちらもお読みください!

参考文献

スポンサーリンク