プロフィール

著者プロフィール

プロフィール概要

名前: 白洲 哲
年齢: 20代
専門: 近代哲学、社会心理学(利他性研究)
興味: 人はなぜ他人に優しくするのか、他者とは何か、など。
好きな食べ物:オムライス
嫌いな食べ物:茸

経歴

哲学科を目指したきっかけは、遠藤周作の『わたしが・棄てた・女』である。遠藤周作の愛という概念に対する深い洞察は、筆者の恋愛観に大きな影響を与えた。
高校時代は、勉強そっちのけで遠藤周作を読み漁り、キリスト教やイスラム教にやや傾倒しつつ無宗教のまま宗教学に興味を持ち始める。

大学に入ってからは、授業がつまらなくあまり好きではなかった、所属ゼミ担当の教授が、カトリック系のクリスチャンであったこともあって、特定の宗教に入信することに嫌悪感を覚える。
そのために、宗教学よりも哲学や深層心理学の本を読み漁り始め、現在は近代以降の哲学と、社会心理学を主に研究している。

何かとお堅いイメージがある哲学に対して、親しみを持って触れてほしいという思いでサイトを始めました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加