本当に読書って良いものなの?読書にまつわる神話を破壊する試み

読書が神聖化されている

誰もが、こんなことを言われたことがあるんじゃないだろうか。「本を読みなさい。本を読まなきゃバカになるよ」と。

一般的に読書は良いことだと思われている。例えば大学でのゼミや会社の初対面の挨拶、もしかすると合コンでも、「趣味は読書です」と言う人がいる。
読書が趣味だと、なんとなく頭が良く見える。シェイクスピア、夏目漱石を読んでいるといえば、「すごーい!」などと皆みなから言われるかもしれない。僕たちは、「読書」を「良いこと」だと常識では考えている。

そんなに読書っていいものなのか?因みに僕の立場を表明すると、僕は心理学や哲学系の本を月平均10冊くらい読んでいて、一般的には読書量は多い方だと思われる(1
しかし、実感としては、そこまで言われるほど読書がいいものだとは思えない。本を読んでも別にモテるわけじゃない!

どうして、読書はいいと思われているのだろう?本記事は、正統派の哲学における試みから遠くかけ離れているが、「常識を疑うこと」はやはり哲学の態度として大切だと筆者は考えているため、お付き合い願いたい。

ネットにはびこる読書の神話

「読書 メリット」とGoogleで検索してみれば、あらゆるページでいわれているのは「読書量と年収の相関関係2」である。
具体的な数値は、そのデータの出所が少々怪しいので控えておくが(是非調べてみてほしい)、どうやら「読書に使うお金が多いほど、年収が高い傾向にある」そうだ。

確かに、読書をすれば単純に言って知識量が増える。知識量が増えればもしかしたら仕事で成功する確率も高くなるのではなかろうか。だが、読者も気が付いているかもしれないが、この説明はめちゃくちゃである。
そもそも、「この相関関係を説明する仕方は、別にこれじゃなくてもいいはず」だ。どうとでも言える。例えば、年収が高ければ金銭的な面で余裕があるはずで、そのお金で本を購入していると考えてもよいのである。

まぁ、ただ本を読むだけで仕事ができるようになるなんて本当は誰も考えないはずだ(笑)。
例えば、『ワンピース』を読むのと、デカルトの『方法序説』を読むのとでは読書体験の質が大きく異なる(決してどちらがいいとかそういった議論は期待していない)。また、同じ『方法序説』でもさらっと読むのと、じっくり読み込むのとでも、それによって得られる知識の質が変わってくる。
つまり、「どの本を読むか」或いは「どうやって読むか」によって読書そのものの形態は大きく変容するように考えられる

そういった「読書法」に関しては、三谷宏治さんの『戦略読書 みんなと同じ本を読んではいけない』に詳細に書かれている。試しに、その「序章」の一部を引用してみる。

(読む本が凡庸になり、自分が凡庸な人間になってしまったと感じて)それからすぐに、楽しむだけの読書、ビジネスのためだけの読書から、自分の独自性を作り上げるための読書にちょっとシフトさせました。
楽しむことをやめたわけではありません。ビジネス知識の吸収をやめたわけでもありません。でも、自分を自分であり続けさせるために、単なる折衷でも平均でもない、独自のバランスや読み方が必要でした。

つまり、自らの読書体験の質を上げるために、「戦略読書」を考え出す必要があったということである。三谷さんは幼少期に「自分の好きな本」、大学在学中に「(必要に迫られて)ビジネス指南書」を読んでみて、それでは理想の人間像に全くなれていないことを悟った。
だから、自分に合った戦略を考える必要があったわけである。そして、三谷さんはそうした戦略で本を読み、その読書体験を通じて、ビジネスに活かし、成功にいたったようである。なるほど、確かに読書はすごい。やらなきゃ損だ。

スポンサーリンク